税理士 山下事務所ホームページへようこそ


法人設立応援団パック

事業を個人で営むか?法人で営むか?
会社法によって法人の設立は容易になりました。しかしながら、この問題の答えは、実際に事業を遂行される経営者の判断にゆだねられます。ですから、事業をどのような形態で行っていくかということは、長期的な事業計画あるいは経営計画から策定されるものです。

法人の設立

これまで個人で営業をなさっていた方が会社を設立して営業をしようとする場合、または新たに法人を設立しようとする場合には現行では以下に示すような手続きが必要です。

  • 商号・事業目的に関する調査
  • 定款の作成
  • 定款の認証
  • 銀行へ株式・出資金の払込事務を依頼
  • 設立登記の申請
  • 登記簿謄本・印鑑証明の交付
  • 諸官庁への届出(税務署、都税・県税事務所、市区町村、労働基準監督署など)

多額の設立費用

以上のほか、設立にかかる登録免許税の費用のみで最低15万円かかり、さらに定款認証等の印紙代・司法書士などへ依頼するとその分の報酬も別途かかることに注意が必要です。

法人設立のお手伝いとして

当事務所では上記に掲げた手続き一切について、司法書士と業務提携し、「法人設立応援団パック」を提供しております。また、出資金などの管理を行う銀行もご紹介いたします。

提供料金

東京都 250,000円(税抜)〜
上記の料金には謄本及び印鑑証明各1部の料金が含まれております。
なお、上記区域外の場合はお問い合わせ願います。


応援団パック