税理士 山下事務所ホームページへようこそ


FUTURE 16年 新年号

〜所長の挨拶〜

明けましておめでとうございます。
年末年始はいかがお過ごしでしたか?

私は12月27日〜1月3日まで毎年恒例の妙高高原スキー合宿でした。来年は長男が高校受験勉強に入るので、最後のスキーになりました。来年の年末年始からは何をするか思案中です。

昨年は安保関連法案の強行採決、消費税軽減税率の導入等、国民目線を離れた政治だったように思います。今年はそれ以上に国民の財産を国が管理するという「マイナンバー制度」の運用が始まります。強制力はありませんが、個人情報が全て筒抜けになります。

マイナンバー制度は十分論議が尽くされぬまま民主党から自民党への政権交代で揺れる中で決まりました。今後はマイナンバー制度がより強固になり、預金、株式、医療等といった分野にも広がり、個人生活が国に管理されることが予想されます。今後の動向を見ながら、税務業務をしたいと思います。

ところで、私がこの原稿を書いている間に税制改正大綱は発表されていませんでした。消費税の減軽税率導入や法人税実行税率減税による財源確保はどうなるか心配ですね。30代〜50代の一番働ける人口が減少する中で、長寿国日本の高齢化社会をどうやって支えていけるかも心配です。優秀な中央官庁の方々に本当の日本を考えてもらいたいと思います。

私の友人に、海外から老人介護ができる人を導入する為に、介護師養成の学校を作った人がいます。是非成功して貰いたいと思っています。

東京オリンピック開催に向けて、建設業が好調と言われていますが、先行きはまだまだ見えません。自社と社員を守る為に、黒字決算に徹して頑張って下さい。そして1月21日の当事務所新年会で大いに楽しんで下さい。

所員の抱負

三橋 正夫

昨年は自分の仕事の質について考えさせられる年となりました。今年は、親切丁寧をモットーには変えずに、迅速に対応し、お客様のお役にたちたいと思います。

佐藤 淳

本年は、果実が成熟して行くという意味の申年を踏まえ、例年にもまして日々の業務や事柄に対して真摯に対応をすることを目指していきたいと思います。

前田 喜隆

あけましておめでとうございます。昨年は末年で年男でしたが、今年は気持ちを新たにお客様のために頑張っていきたいと思います。

清水 真弓

今までに得た情報を役立て、お客様に喜ばれる情報の提供が出来「ありがとう」と言って頂けるよう全力で頑張ります。

土田 隆生

お客様のお役立ちのため、事務所組織の発展のために、自分のあり方を常に考え、少しずつでも変化し続けられるように努力していこうと思います。

原田 亮

年々頑固になってきた自分を感じる日々ではありますが、内外共に独り善がりとならないチームワークを大切にした仕事を心掛けて過ごしたいと思います。

高澤 真樹

本年は、申年にならい、これまで培ってきた知識・経験を伸ばせるよう努めます。また、素早く物事を処理するよう心掛け、お調子者と思われないよう気を付けます。

奥山 文隆

今年は地球の裏側のリオデジャネイロでオリンピックが開催されますね。2020年の東京オリンピックの成功につながるように、盛り上がって欲しいと思います。

伊藤 大義

あけましておめでとうございます。本年も例年通りに健康第一をモットーに頑張る所存でございます。ご指導、ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

重川 弘一

今年も皆様に貢献できるよう一歩ずつコツコツと知識を身につけていきたいと思います。引き続き皆様からのご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

鈴木 祥史

皆様のお陰で無事に新年を迎える事ができました。今年も一歩ずつ目標に向かって邁進し、充実した一年になればと思います。宜しくお願い申し上げます。

高橋 大吉

新年あけましておめでとうございます。入社して2年が経過しましたが、初心を忘れること無く日々仕事に励んでいきたいと想います。

大倉 洪一

新年あけましておめでとうございます。健康診断で「精密検査が必要」を卒業し、お客様の役に立てる様に日々の積み重ねを大切にしていきたいと思います。

淀 和音

感謝の気持ちを忘れず、日頃お世話になっている皆様に少しでも恩返し出来るよう、努めて参ります。本年もよろしくお願い申し上げます。

山本 美里

いつも謙虚な気持ちを忘れずに、誠実、丁寧な仕事を心掛け、その中で一つ一つ着実に自分の成長につなげる意識を持ちながら取り組みたいと思います。

舛谷 美恵

今年は、丙申の年です。おさるさんの様な行動力を発揮したいと思います。

野田 一美

明るく元気に過ごせるよう、健康管理にも十分注意して今年も一生懸命頑張りたいと思います。本年もよろしくお願い致します。

林 祐子

「不見、不聞、不言」の三猿の年。心を無にして人の本当の話に耳を傾けることを目標に過ごしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

藤田 充

本年は昨年同様出来ることを着実かつ丁寧にこなしつつ、本年こそ日々の生活を平穏無事に過ごしていけるよう邁進してまいります。

柳下 稔人

あけましておめでとうございます。初心に立ち返り、感謝の気持ちを忘れずに、精一杯頑張っていきたいと思います。

塚田 理沙

私事ですが昨年は引越しなど慌ただしい一年となりました。今年は気持ちに余裕を持ち、日々の業務を着実にこなしていけるよう頑張りたいと思います。

マイナンバー制度適用開始

いよいよマイナンバー制度が稼働年になり、手続きの確認と、マイナンバーの今後について解説いたします。

本人確認はこうします。

個人番号の収集担当 収集時期と方法 主な本人確認の方法
身元確認 番号確認
従業員 在籍社員 2016年年末調整まで 不要 通知カード、個人番号カードのコピー
新入社員 入社手続き時 運転免許証、または国民年金手帳・健康保険証・住民票のうち二つ 通知カード、個人番号カードのコピー
退職者 (収集済でない場合)
退職手続き時
不要 (収集済みでない場合)
通知カード、個人番号カードのコピー
従業員の配偶者 税法上の扶養家族 2016年年末調整まで 本人確認義務は従業員にあるため不要
健康保険被保険者 健康保険組合の要求があったとき 従業員に「委託」することにより不要
個人の支払先 社宅等家主 2016年中に対面で 運転免許証、または写真付きの身分証明書継続的に取引がある相手の場合は不要 通知カード、個人番号カードのコピー
賃借駐車場地主
弁護士・税理士
講演会講師等

必要最低限の「安全管理措置」とは

個人番号の漏洩などを防ぐため、会社には安全な個人番号の管理が求められます。正当な理由無き漏洩には、罰則、懲役が科されるとされております。ネットワーク上で情報管理する場合は、セキュリティを保つためかなりのコストがかかります。そこで、インターネットに繋がない、決まった人しか触れないようにしておくだけでよいとされています。もしくは紙で集めて金庫に保管で十分です。
では、個人番号をネットワーク上で管理する場合の注意点を挙げてみます。

  • 取り扱うパソコンはオープンスペースにないか?
  • 人事・経理にかかる業務が属人的になっていないか?
    業務が属人的というのは担当者の頭に入っているということです。引き継ぎも可能なように書類、管理事務を整えないといけないという意味です。他人がチェックできるように記録等明確化しておく必要があります。
  • 不要になった個人情報を保持し続けていないか?
    退職者の個人情報を人事システムから消している会社はあまりありませんが、個人番号については消去し、管理簿にその旨記載しておく必要があります。個人へ渡す源泉徴収票にはマイナンバーを記載はしません。
  • 人事・経理にかかるデータが共有サーバーで業務に関係のない社員が閲覧可能ではないか?
    ずさんになりがちなのはアクセス制限の管理です。物理的に共有されているが、「アクセス制限が掛かっているから大丈夫」といった場合、移動した社員のアクセス制限が残っている場合があります。

マイナンバーの今後

金融

マル優(障害者等の少額預金の利子所得等の非課税制度)では、税法上の定めで定期預金の満期日に、みなし告知扱いとして定期の自動継続が可能ですが、マイナンバー制度施行後は、マイナンバー提出が非課税の適用条件であるため、マイナンバーの提出がされないと自動継続ができません。
来年1月に満期を迎える非課税制度適用者について適用されます。

利子等支払調書は3年の猶予規定が適用されていますので、2019年からの適用となりますが、2016年から新たに取引開始等は猶予規定の適用がないため、2016年にマイナンバーを提示することになります。

銀行口座を開設する際、マイナンバーを記載する欄が設けられます。書き込むのはあくまで任意ですが、政府は2021年以降の義務化を検討しているようです。

医療・介護

電子カルテはマイナンバーとは別に番号を設けるべきとされており、今のところマイナンバー適用のめどは立っていません。しかし、特定健診(メタボ健診)の履歴は2016年1月より、予防接種の履歴は2017年からマイナンバーに結び付けられます。

不動産業

不動産の譲受けの対価の支払調書に記載するため、2016年1月より、買主が法人で、売主が個人の場合、買主は売主のマイナンバーを収集します。

証券業

2016年1月からNISA口座やジュニアNISA口座、特定口座の開設にマイナンバーが必要になります。
証券にかかる支払調書は3年の猶予規定が適用されていますので、2018年末までにマイナンバーを提示することになります。

1月申請分からマイナンバーが必要な主な書類

  • 被保険者証交付の申請
  • 氏名・住所・世帯の変更の届け出
  • 要介護・要支援認定の申請
  • 要介護・要支援更新認定の申請
  • 介護サービスの種類の変更の申請
  • 高額介護サービス費の支給申請
  • 負担限度額認定の申請

お知らせ

経営計画発表会・新年会

明けましておめでとうございます。2016年の始まりです。
さて、来る平成28年1月21日(木)京王プラザホテルにて、「第32期 山下事務所経営計画発表会・新年会」を開催致します。
皆様、新年の折、何かとお忙しいこととは存じますが、万障繰り合わせの上、御参加く
ださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

確定申告

今年も間もなく確定申告の時期がやってまいります。当事務所では、確定申告の早期終了を目指し、申告資料の早期回収をお願いしております。既に、ご案内を差し上げているお客様もいるかと思いますが、なにとぞご協力のほどお願い申し上げます。
また、確定申告が必要なお客様で、まだご案内の行き届いていないお客様がいらした場合には、お手数ですが事務所担当者、若しくは確定申告責任者・高澤までご連絡お願い致します。

ゆーかり倶楽部

当事務所では、年6回、「ゆーかり倶楽部」という異業種交流会を行っております。
毎回、専門家を迎えての1時間の講演、その後は講師の先生、所員を交えての懇親会を行い、情報交換の場とさせていただいております。

今年もお客様のお役に立つ講演テーマを予定しております。
所員一同、皆様のご参加を心よりお待ちしております。是非、ご参加ください。

講演予定日
2月18日(木)、4月21日(木)、 6月16日(木)、
7月21日(木)、9月15日(木)、11月17日(木)

次回の「FUTURE〜未来〜」は4月1日発行予定です