税理士 山下事務所ホームページへようこそ


FUTURE 07年 新年号

〜所長の挨拶〜

明けましておめでとうございます。
お客様は年末年始の休み、いかがお過ごしでしたか?
おとその飲み過ぎで体調が悪いという方もおられると思いますが、新年の幕開けです。今年1年を大きく羽ばたく第一歩を進めて下さい。私は、毎年恒例の妙高高原での家族スキーに行ってきました。「行って来ました」より「行く予定です」が、この時点では正しいかもしれません。

所長の写真

年末年始休みのほっと一息つく束の間の時間をまだ小さい子供のスキー姿を見ながら夜はおいしい料理を味わっています。今年のスキーで、どの位子供が上達するかが楽しみです。
そして、毎年の事ですが、ゆっくりとした気分で今年の計画を練っています。
私事ですが、今年の1月2日は、禁煙してから満4年になりました。と言う事は禁煙のきっかけとなった私の息子も満4才になったことになります。
禁煙のおかげで体重は増えましたが朝の咳が子供を含めて無くなりました。
事務所も「健康増進法」により分煙しなければならなくなっていますが、所内はまだ完全分煙されていません。今年の課題として煙草を吸わない所員から提案があるかもしれませんネ!
さて、事務所も一昨年位から所員の入れ替わりがあり新人の数が増加しています。事務所としては内部及び外部の勉強会と現場での教育により早く1人前になるように育てていきたいと思っています。それまでの間は、お客様にご迷惑をおかけすると思いますが、ご理解の程よろしくお願い致します。
今年は十二支の最後の「猪年」です。猪のように無鉄砲に突進することのないように計画をしっかり立てて今年を守りきろうと思っています。皆様も是非年頭に計画をたてて下さい。
そして、1月19日の事務所の経営計画発表会、新年会の年頭あいさつで会える事を楽しみにしております。

超・実務的!! 印紙税の取扱い

印紙税、実務上では必ず出てくる税金です。領収書を切る時・契約を交わす時等、様々な場面で出てきます。実はよく知らないという方も多いのではないでしょうか?
そこで、今回は印紙税の基本的な取り扱いとちょっとした注意点等をお話致します。

納税義務と納付

印紙税は、課税文書を作成した場合に納税義務が生じます。
納付については、収入印紙で納付します。他にも印紙と名前のつくものはあります(登記印紙・自動車重量税印紙等)が、印紙税の納付は収入印紙でのみ可能となっています。
また、彩紋等の汚れが酷いものでは印紙税の納付はできませんので注意が必要です。

課税文書

課税文書とは、条文をそのまま書くと、物件表の課税物件の欄に掲げる文書とあります。
ここで全て書ききることはできませんが、例として一部挙げさせていただきます。

  • 場J(不動産等の譲渡契約書・土地等の賃貸借契約書・消費貸借契約書・請負に関する契約書)場K(売上代金に係る領収書等の受取書)場L(約束手形)他
  • 場J(定款・合併等契約書)場K(継続的取引の基本となる契約書)
  • 保険証券・金銭等預託契約書・債権譲渡又は債務引受契約書・配当金領収証 他
  • 場J(預金通帳等の通帳類)場K(判取帳)他

税額

印紙税の税額は、課税文書の記載金額により異なるものと、文書1通につき定額で決まっているものがあります。
上記の?〜?までの区分がそれぞれ税率の異なるものごとに区分されています。

印紙の画像
  • 記載金額により税額が異なる文書(200円〜600,000円)
  • 税額は定額で、その金額が高額(場J40,000円場K4,000円)な文書
  • 税額は定額で、その金額が少額(200円)な文書
  • 税額は定額(場J200円場K4,000円)だが、1年毎に印紙が必要となる文書

非課税

印紙税にも非課税というものがあります。例えば、領収書について言えば、営業に関しない金銭の受取のために作成されたものについては非課税となりますし、個人の医師・弁護士・会計士等が作成した受取書についても非課税とされています。
もっと身近なところで言えば、金額による非課税があります。

契約金額又は記載金額(番号は課税文書の区分で使用した番号)

1万円未満  :?場J  3万円未満:?場K及び売上代金以外に係る金銭等の受取書
10万円未満 :?場L  3千円未満:?のうち配当金領収証の配当金額 

契約変更

不動産譲渡契約等の場合、契約金額の変更等がしばしばおこるかと思います。

当然、金額を変更した契約書等を作成わけですが、この場合の変更契約書も印紙税法上の課税文書に該当します。しかし、最初の契約(原契約)の段階で既に印紙税を支払っているので、変更後の金額全額に対して税が課されると取られ過ぎという感は否めません。
この場合には、最初の契約書(契約金額の記載等があるもの)があることが明らかであり、かつ、変更の事実がわかる文書により変更金額(原契約との差額)が記載されている場合は、次のような取り扱いをすることになります。

原契約より増額した場合→その増額した部分の金額を記載した文書として取り扱う

原契約より減額した場合→記載金額がない契約書として取り扱う

最初の契約書が作成されていることが明らかでない場合には、変更後の金額全額に対して印紙税が課されます。

過怠税

過怠税というのは印紙税における罰則に基づいて課される罰金です。過怠税が生じる原因と金額は以下の通りです。

貼るべき課税文書に印紙を貼らなかった→印紙税額+印紙税額×2 =印紙税額の3倍

貼った印紙に消印を押し忘れた    →(印紙税額+)印紙税額 =印紙税額の2倍

印紙を貼らなかった場合に、後に気付いて自主的に納付をした場合には、印紙税額の3倍ではなく、印紙税額+印紙税額×10%=印紙税額の1.1倍となります。

過誤納額の還付

印紙税額を多く貼りすぎてしまった場合には、納付する必要のなかったものですので、還付を受けることができます。但し、一定の手続きが必要になります。

手続き A印紙税過誤納確認申請書を納税地の税務署に提出。
B申請の際に過誤納となっている文書及び印鑑が必要。
C法人の場合には、上記のほか、代表者印が必要。

注)登録免許税を納付する場合にも収入印紙を使用しますが、この場合には金額を間違えても上記の手続きでは還付されず、登録免許税上の手続きが必要になります。

その他

クレジットカード利用の場合の領収書等に収入印紙を貼る必要はありません。しかし、領収書等にクレジット利用の旨を記載しないと、印紙税が課されますので注意が必要です。
収入印紙が汚れてしまって使用できない場合には、郵便局で印紙1枚につき5円で新しい印紙と交換してもらうことが出来ます。また、20,000円の収入印紙を200円の10枚と交換したい場合にも、20,000円の収入印紙1枚分の手数料で交換することが出来ます。

所得税・住民税が変わります!!

平成19年1月から、所得税率が変わり、定率減税も完全に廃止されます。
それに伴い、給与所得の源泉徴収税額表(月額表)も変わりますので、給与計算業務に携わる経理担当者の皆様はくれぐれもご注意下さい。

定率減税額の全廃

平成18年は所得税10%(上限12.5万円)、住民税7.5%(上限2万円)の減税がありましたが、所得税は平成19年1月から、住民税は平成19年6月徴収分から全廃されます。

所得税率、個人住人税率の変更

(所得税) (住民税)
課税所得(改正前) 税率 課税所得(改正後) 税率 課税所得 改正前 改正後
-   195万円以下 5%
200万円以下 5% 一律
10%
330万円以下 10% 330万円以下 10%
700万円以下 10%
900万円以下 20% 600万円以下 20%
700万円超 13%
900万円以下 23%
 
1800万円以下 30% 1800万円以下 33%
1800万円超 37% 1800万円超 40%
  • 平成19年1月1日以降に支払う給与および公的年金等について適用する。
  • 特定公的年金の源泉徴収率を5%(現行10%)に引き下げる。

住民税は平成19年度分以後の個人住民税に適用する
経理担当者の皆様、ご注意!!

所員の抱負

三橋正夫

新年、明けましておめでとうございます。
一つ一つの出会いや仕事を大切に、誠心誠意の心で頑張ってまいります。
本年もよろしくおねがい致します。

佐藤淳

新年、明けましておめでとうございます。旧年中は、お世話になりました。今年は、厄年なので、より一層健康に留意し、実りある一年を送りたいと思います。

前田喜隆

おめでとうございます。昨年同様今年も、お客様の為になれる様努力していきたいと思いますので宜しくお願い致します。

長谷川真弓

明けましておめでとうございます。今年もお客様から『ありがとう』と言葉を掛けて頂けるよう何事も全力で取り組んでいきたいと思います。

土田隆生

明けましておめでとうございます。今年もお客様に満足いただける仕事と事務所の発展に寄与することを目標に、自分に対し厳しくいこうと思います。

高橋幸子

おめでとうございます。本年もお客様とともに前進できますよう、日々の積み重ねを大切にしていきたいと思います。

長谷川正吉

おめでとうございます。本年もよろしくお願いします。お客様と共に成長していけるよう、がんばりますので、どうぞよろしくお願い致します。

原田亮

おめでとうございます。お客様と共に成長していけるよう、今年も自分に厳しく常に学ぶ側の気持ち忘れず日々過ごしていきたいです。

飯島幸彦

今年で社会人4年目を迎えました、飯島でございます。これからも全力で精進して参ります。変わらぬご贔屓を宜しくお願い致します。

柴田晃

信念を持ち、自分の出来る最大限のことをし、お客様と共に成長していけるような1年になれば良いかなと思います。

御代田大輔

おめでとうございます。今年の目標は、個人的には何より勉強をがんばり、仕事は誠意を尽くすことです。嘘のない一年にしたいと思っています。

吉田弘信

おめでとうございます。今年社会人2年目ですが、常に初心の気持ちを忘れず、お客様と共に成長していきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

高澤真樹

まだまだ知識・技量不足と至らぬところはございますが、誠意を持って取り組ませて頂きますので本年もどうぞよろしくお願い致します。

内藤創一郎

税理士試験を頑張りながら知識を増やし、実務をおぼえ一人前の会計人となりたいと思います。常にまじめに全力でいきます。

川田由貴

おめでとうございます。初心を忘れずに、お客様のためになにができるか常に考えて行動し、成長ある1年にしたいと思います。

田村千寿子

明るく、元気に、楽しく日々精進してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。


学んで遊んで